日々の出来事

運動器系の障害とリハビリ看護

梅雨も終わり、夏の日差しがまぶしい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

回復期リハビリテーション病棟は、脳血管障害や骨折の手術などのため急性期で治療を受けて、病状が安定しはじめた発症から1~2か月後の状態の時期に、集中的なリハビリを受けることで、低下した能力を再び回復するための病棟です。入院期間は疾患により決まっていますが、患者さま一人ひとりのリハビリテーションプログラムに基づいて、医療チーム一丸となり、医療看護を提供させていただいています。

今回は、運動器系の障害とリハビリ看護についてご紹介いたします。リハビリ病棟に入院される運動器の障害で最も多いのは大腿骨の骨折です。運動器と聞くと難しく感じるかもしれませんが、具体的には身体の運動に関わる、骨、筋肉、関節、神経などの総称であり、それぞれが連携して動いており、どれか一つが悪くても身体はうまく動きません。

大腿骨の骨折後に入院される患者様は、リハビリ職員によるリハビリを1日2~3時間実施しています。その他にも病棟では、車椅子の移動練習や、歩行練習、着替えやトイレ、入浴の練習など、リハビリ以外の時間にも日常生活の行動そのものが訓練になるように関わらせていただいています。

CIMG2018a

 

 

 

 

 

 

 

例えば、手術後に手術した部位の関節がはずれてしまうリスクが高まる動作に注意が必要な場合があります。日常動作ではあぐらをかくこと、和式便器に座ること、低い椅子への立ち座り、しゃがむ動作、着替えなどに注意が必要な患者様には、一人一人にあった説明や対処方法を一緒に考え、入院中から退院後も安全に過ごせるようお手伝いさせていただきます。

また、手術後の痛みについては、体の位置を整えたり、温冷刺激で軽減を図ったりします。痛みの軽減が難しい場合には医師や薬剤師等と相談し、薬で軽減させることで、リハビリに集中して取り組めるようになる方もいらっしゃいます。

大腿骨骨折はもともと骨粗鬆症になっている方も多く、薬の確実な内服や1週間に1度の注射が必要になる方もいらっしゃいます。退院後の生活にあわせて、本人への内服指導や家族への指導を薬剤師と連携し、行うこともあります。

また、入院生活を安全に過ごしていただくために、話し合いや、危険個所がないか点検を行うこと、環境整備を行い患者様が安全に過ごせるように看護させていただいております。

受け持ち看護師が中心となり、患者さまの退院後の生活を考え、家族とも連携をとりスムーズに退院後の生活を送れるよう看護させていただきます。

CIMG2017a

 

 

 

 

 

 

 

次回は中枢神経系の障害とリハビリ看護についてです。

リハビリテーション病棟におけるMSW(医療ソーシャルワーカー)の仕事

梅雨に濡れた木々の緑がいっそう深みを増しています。病院のまわりのアジサイもきれいに咲いている今日この頃。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は「リハビリテーション病棟におけるMSW(医療ソーシャルワーカー)の仕事」についてご紹介させていただきます。

 

医療ソーシャルワーカー(MSW : Medical Social Worker)とは・・・

病気になって入院すると、本人はもとよりその家族も経済的、精神的な悩みや問題が多くでてきます。患者様・ご家族様をサポートする専門職が医療ソーシャルワーカーです。

 

医療ソーシャルワーカーの役割は・・・

病院に入院した患者様は、退院後の療養生活に不安を感じるケースが多くあります。患者様・ご家族様の不安が軽減できるように相談に応じています。具体的には、退院後の社会福祉サービスの提案や調整、ケアマネージャー選びや退院後のかかりつけ医の調整、介護保険の申請の案内や生活保護申請の相談など、様々な相談内容に応じています。

病院内では、多職種(医師、看護師、リハビリスタッフ等)へ情報共有・調整をしたり、面談日の調整や司会などを行なったりします。

 

当病棟では、医療ソーシャルワーカーも含め多職種と情報共有・カンファレンスを行い、退院後の生活を考え患者様・介護される方にとってどのような方法での生活がいいのかを提案し、療養生活中に退院後の環境に近い形で過ごしていただくことで、スムーズに退院後の生活が送れるように看護させていただいています。また、ご家族様に退院に向けた療養指導を行い、安心して退院して頂けるようにしています。

当病棟では、多職種で協力を行い患者様・ご家族様が不安なく退院後の生活が送れるようにお手伝いをさせていただいています。遠慮せずご相談してください。

退院後電話アンケートの実施

当院では、入院中にお伝えした自宅療養での注意点や、家庭看護の手技について退院後の生活に活かされているのか、電話にて確認させていただいております。退院後の生活でお困りな点がありましたら、その後看護師からの電話連絡を行い、必要に応じてご自宅への訪問など検討させていただいています。

 

来月のブログは、「運動器系の障害とリハビリ看護」について紹介させていただく予定で

す。お楽しみにしてください。

 

回復期リハビリテーション病棟

CIMG1952

回復期リハビリテーション病棟における            リハビリスタッフの仕事

色調豊かな緑樹から心地良い風が吹き抜ける季節となりました。立夏の候、いかがお過ごしでしょうか。

全国的に新型コロナウイルスが猛威を振るっていますが、当院においては感染拡大予防に努めています。

さて、今回は「回復期リハビリテーション病棟におけるリハビリスタッフの仕事」についてご紹介させていただきます。

リハビリスタッフはそれぞれの専門性により、以下のように分かれています。
①理学療法士(Physical Therapist)
主に、立つ、歩くなどの大きな動作の獲得を専門としています。

②作業療法士(Occupational Therapist)
主に、食事動作、更衣動作などの小さな動作の獲得を専門としています。

③言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist )
主に、コミュニケーション能力、食べ物(飲み物)の飲み込む能力の獲得を専門としています。

当院の4F回復期リハビリテーション病棟には専属のリハビリスタッフが在籍しています。今回は、その専属スタッフへのQ&Aで、回復期リハビリテーション病棟のリハビリスタッフの仕事についてご紹介いたします。

※①~③のリハビリスタッフについて、過去の回復期ブログ(2019年7月3日)に、より詳しく投稿してあります。ぜひ、そちらもご覧ください。なお、スタッフ数、専属スタッフは投稿当時の情報となります。

上尾中央第二病院 回復期ブログ » リハビリって? (ach2.jp)


 

Q.回復期リハビリテーション病棟でのリハビリの特徴について教えてください。

A.回復期リハビリ病棟は当院で最もリハビリ時間が長いのが特徴です。そのため、患者様の個別性を考慮し、必要とされるリハビリを、時間をかけて実施することができます。では、リハビリというと皆さんはどのような訓練を思い浮かべますか?歩く、腕や脚の曲げ伸ばしなどの訓練を思い浮かべる方も多いと思います。回復期リハビリ病棟ではリハビリ時間が長い分、その他にも、カレーやたこ焼きなどの調理やバス、電車の利用、スーパーへの買い物など、自宅退院後に必要な生活動作を身につけるためのリハビリを行っています。

1002 1001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.リハビリを行うこと以外のリハビリスタッフの役割について教えてください。

A.他にも多くありますが、定期的に看護師、MSW(医療ソーシャルワーカー)などの他の職種のスタッフと担当の患者様の状態について話し合うことです。リハビリ時間以外の患者様の状態や、退院後に必要になりそうな動作、機能について情報を共有し、今後のリハビリをどのようにするか考えています。

1003

 

 

 

 

 

 

 


現在、リハビリの際には、感染拡大予防としてリハビリスタッフがフェイスシールド、マスクを着用しています。患者様が毎日元気にリハビリできるよう、今後も感染対策を徹底していきます。新型コロナウイルスの蔓延に伴い、患者様、ご家族、地域の皆様においては不安に思うことも多いと思いますが、スタッフ一同真摯に対応させていただきます。お気軽にお声がけください。

当院回復期リハビリテーション病棟では、看護師、リハビリスタッフだけでなく、多くの職種が関わっています。来月は、「リハビリテーション病棟におけるMSW(医療ソーシャルワーカー)の仕事」についてご紹介させていただく予定です。お楽しみに!

回復期リハビリテーション病棟

リハビリテーション病棟における看護師の役割について

今年の桜も見ごろを過ぎ、暖かな日が続くようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

現在も新型コロナウイルス感染予防対策を継続させていただいており、患者様、ご家族様のご協力もあって、当院入院患者様の感染者はゼロとなっております。感染予防対策のご協力、ありがとうございます。

今回は、リハビリテーション病棟における看護師の役割を、ご紹介いたします。リハビリテーション医療は、多様な職種のチームワークにより成立し、それぞれの職種で役割分担があります。その中で看護師は、患者様の日常生活の評価をおこない、リハビリ訓練の場面でない実用レベルの日常生活にフォーカスをあてた支援を行っています。

例えば、セラピストが「自立している」と評価しても、看護師からは「介助を必要とする」と評価される場合があります。セラピストの評価は、訓練中の限られた時間内で、環境を整えた訓練室で、全身全霊を集中して行える動作に基づく場合が多くあります。しかし、朝起きてから寝るまでのすべてのタイミングで全身全霊を集中することは難しく、寝起きのタイミングやその日の体調によっては、訓練室と同じ力が出るとは限りません。

私たち看護師は、訓練室で「できる動作」と病棟の「している動作」をすり合わせ、患者様・ご家族様が「目指す動作」を獲得できるよう、患者様・ご家族様と定期的な面談を行い、退院支援や服薬指導、日常生活の訓練を行っております。現在新型コロナウイルスの影響で面会が制限される中、なかなか患者様の病棟の生活がイメージできず、不安に思うご家族様がいらっしゃるかとは思いますが、面談時や必要に応じでお電話での対応も行っておりますので、お気軽にスタッフへお声掛けください。

最後に、上尾中央第二病院は、4月から看護師、看護助手、セラピスト、クラーク、薬剤師、栄養士の制服のデザインが新しくなりました。

心機一転、これからも上尾中央第二病院をよろしくお願いいたします。

旧制服

旧制服

 

新制服

新制服

当院の回復期リハビリテーション病棟の強み

桜の花も満開を迎えつつある中、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は、当院回復期リハビリテーション病棟の強みについてお話させて頂きます。
回復期リハビリテーション病棟では、骨折などの整形疾患での入院は、90日(3ヶ月)、脳梗塞などの脳疾患での入院は、150日(5ヶ月)と入院期間が国によって決められております。
入院してリハビリテーションが提供できる期間には限りがありますが、毎月8割~10割の患者様が在宅へ退院されています。残りの2割の患者様は、介護困難、独居での生活が困難などの理由から施設等に退院される方になります。
当院は、リハビリテーション科の職員数が充実しており、入院から1日3時間のリハビリテーションが提供されます。さらに、病棟でもリハビリテーション以外の時間で、訓練をされる方もおります。入院時には出来なかったことが、リハビリテーションにより出来るようになり、在宅へ退院された方も多くおります。
写真写真2

 

入院中は、定期的に患者様、ご家族、病院職員が同席し、話し合いを行う面談が月1回実施されております。面談では、退院先(方向性)の確認、リハビリの進捗や、ご家族にご協力頂ける内容などを確認し、どのようにしたら患者様、ご家族様が退院後も安心・安全に退院出来るかを話し合う場を設けております。

入院から在宅へ退院されるまでには、回復期リハビリテーション病棟職員、多職種がチーム一丸となり、一つの方向(目標)に向かい、患者様に支援しております。
退院時には、患者様も笑顔で、また、涙を流されることもあります。このような光景を目の当たりにすると、充実した入院生活が遅れていたと実感します。これらのことが、患者様、ご家族様への満足へ繋がっているのではないかと思います。
写真4
写真3

また、当病棟は、転倒予防指導士の資格を持った看護師が在籍しております。麻痺や、認知症の患者様は、一人で行動してしまうことがあります。また、バランス機能が低下していることにより、転倒する可能性が非常に高くなります。転倒を回避出来るよう注意を払い、指導を頂き、対策を講じております。さらに、特定行為認定看護師も在籍しております。特定の専門的な知識、技術を修得した看護師が、医師の指示により、医師の代わりに処置を実施出来る資格です。これらの看護師が在籍していることも当病棟の大きな強みとなっております。
以上をもちまして、今年度のブログは、終了となります。1年間ありがとうございました。
今後とも、当回復期リハビリテーション病棟を宜しくお願い致します。次回もお楽しみに。