コロナ禍における余暇活動の取り組み

こんにちは。
コロナ禍で感染対策を強いられる中、いかがお過ごしですか。

当院でもコロナ禍が続く中、入院中の患者様は、外出、外泊、面会が制限されております。また、院内レクリエーションも自粛されており、入院中における余暇活動の未充足を余儀なくされております。

院内ワークアウトチームでは、4階病棟(回復期リハビリテーション病棟)入院患者様に、少しでも余暇時間の充足をして頂きたいと考えました。余暇活動の内容として、病棟談話室に、リハビリ器具の設置、塗り絵、数独、ロジック、迷路、ビーズアクセサリー制作材料を設置致しました。

CIMG2060

CIMG2059

 

 

 

 

CIMG2067

CIMG2062

 

 

 

 

 

 

クロスワードや塗り絵等は、新しいものを適宜更新しております。
実際、余暇時間に実施して頂いた、患者様からもご好評を頂いております。

CIMG2028

CIMG2029

 

 

 

 

CIMG2073

CIMG2038

 

 

 

 

 

今後もコロナ禍の影響が続くかと思いますが、当院では、患者様に、少しでも快適な入院生活が送れますよう、今後も様々な取り組みを検討して参ります。

上尾中央第二病院 ワークアウトチーム