退院支援について 介護技術指導編

 一年経つのは、本当にあっという間ですね。
みなさま、体調など崩されていませんか。
年の瀬も押し迫り、新年を迎える準備に追われている頃ではないでしょうか。
 

 本日は先月に引き続き、退院支援についてお話させて頂きます。
今回のテーマは「患者様・家族様への退院支援∼オムツの技術・指導∼」です。
 

 これからご自宅での介護の現実は…患者様や家族様は残った障害と向き合っていかなければなりません。不安はもちろん、復職や介護の心配など沢山の悩みを抱えいるでしょう。
私たち看護師は、その不安や悩みを少しでも軽減できるように、時間をかけて寄り添い、サポートする役割を担っています。
退院指導を開始するにあたり、私たちはまず情報収集から始めます。

流れとしては…
1.介護者となる家族様の生活時間を聴取
→何時にパットの交換ができるのか等を考える必要がある為です。

2.交換できる時間に合ったパットの選択・評価
→実際にどのようなパットが良いのかを病棟で話し合い、実際に評価し、皮膚への負担はないか、パットの漏れはないかなど評価していきます。

3.評価結果から、実際に介護者となる家族様へ指導を開始
→家族様が面会に来れる日時を聴取し、日程を組み立てます。

まずは独自に作成したパンフレットを用いて、実際に見て頂きます!(^^)!
 

一部ですが、実際に使用するパンフレットです。

20201222_1

 

20201222_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらを用いりながら実際に行ってもらいますが、初回は見学から始めます(‘◇’)ゞ

 

この時、私たちスタッフは、退院後の生活がイメージできるような質問をするように心掛けています。

困っていることや不安なことを少しづつ引き出しながら、患者様・家族様一人一人に合わせた対応を心掛け、ご家族様が「大丈夫!!」「出来る!!」と確信が持てるまで対応させて頂きます(*^^*)
 

余談ですが…

当階には「オムツマイスター」が2名在籍しています‼
*オムツマイスターとは??
20201222_4

 

 

 

 

 

 

 
エリエール社アテントのオムツの正しい使い方、選び方、当て方等の知識を研修で学び、習得した人であり、研修で得た知識を元に、我々スタッフや患者様・ご家族様のオムツに関する問題を解決に導いてくれる心強いサポーターであります‼
 

最後に…
 寒気の厳しい日が続きますが、手洗い・うがい、栄養ある食事と休息を心掛け、健康に十分ご留意し、穏やかな新年をお迎えください。