在宅退院に向けての内服管理方法について

夜寒が身に染みるころとなりました。冬もすぐそこまで来ています。深秋の候、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は『在宅退院へ向けての内服の管理方法』病棟訓練についてお話させていただきます。

 

内服管理って難しいですよね。正確に内服できない理由として、

①何の薬か分からない

②内服をしても変わらないと思っている

③副作用が怖い

④薬の種類が多すぎる

⑤飲み忘れる

などがあります。

そのため回復期リハビリテーション病棟では、内服管理の指導・訓練を行っています。

 

①と②に関しては、医師・薬剤師・看護師の分かりやすい説明が必要です。当院では薬剤師より、何の薬か、何のために飲むのか、理解できるよう患者様やご家族へ丁寧な説明を心がけています。

③に関しては、今までの副作用の経験や、TVやネットから得た情報など理由はさまざまです。当院では患者様の話しをじっくり聞き、医師・薬剤師と相談し適切に投与できるよう関わっています。

④に関しては、退院後の受診する医療機関は、なるべくかかりつけにするよう説明させていただいています。内服を一包化にしてわかりやすくしています。

⑤に関しては、お薬ボックス・お薬カレンダーなどがあります。患者様やご家族が管理しやすい方法をお伺いし、薬袋・お薬ボックス・お薬カレンダーでの自己管理を看護師の見守りから始め評価しています。

お薬ボックス

(利点)収納できる。曜日、朝・昼・夕・寝る前と仕切られている。

(欠点)ボックス自体の管理ができない人には不向き。

お薬カレンダー

(利点)目につきやすい。曜日、朝・昼・夕・寝る前とポケットが区切られている。

(欠点)壁など使用する場所がいる。

 CIMG1601

 

 

 

 

 

 

患者様やご家族のライフスタイルに合わせて内服管理を指導させていただきます。

 

最後に、退院後の内服管理はみんなに頼ろう!

患者様やご家族だけの負担にならないよう、ヘルパーさん、デイサービスといった人の協力を得て管理することをお勧めいたします。

 

ADL拡大に向けた病棟での訓練について

木々の葉が色づき始めるこの頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は『ADL(日常生活動作)拡大に向けた病棟での訓練』について紹介したいと思います。

 

回復期リハビリテーション病棟では1日最大3時間リハビリを行っていますが、リハビリテーション以外の時間にもADL拡大に向け個々に合わせた病棟訓練を行っています。

病棟訓練は主に歩行訓練・階段訓練・自主トレーニングなど行います。

担当セラピストにより病棟看護師へ訓練内容をレクチャーし、患者様の年齢や体力を考慮して1日の訓練回数を決めて実施しています。

 

訓練実施前に患者様へ声をかけ、リハビリ後の疲労や体調確認を行います。

CIMG1589歩行訓練

 

 

 

 

 

 

午前と午後に1回廊下歩行1往復訓練する患者様。

CIMG1588歩行訓練

 

 

 

 

 

 

CIMG1611階段

CIMG1612階段

 

 

 

 

 

 

2階分の階段昇降訓練を行う患者様。

 

 

自主トレーニングは廊下の手すりを使用し、スクワットや立ち上がり動作など個々に合わせた訓練を行っています。

CIMG1615.JPG 訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見守りのもとスクワット訓練中の患者様。

 

 

自主トレーニングは最初看護師見守りのもと実施し、訓練実施問題なければ各自で自主トレーニングを行っていただいております。

 

訓練中や訓練後も疲労感や体調の変化など確認し終了します。

 

 

 

以上で簡単ではございますが、ADL拡大に向けた病棟での訓練について紹介させていただきました。

 

秋も深まり朝晩冷え込んで参りました。インフルエンザを始めとする感染症には気を付けなければならない季節になってきました。今年は新型コロナウイルス対策もありますのでお風邪などお召しになりませんように、くれぐれもご自愛ください。

転棟転落について

秋風が心地よい季節になりました。いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ10月になりますね。

ご存じですか? 10月10日は転倒予防の日です。
高齢者が転倒転落事故をきっかけに寝たきり化することを防ぐためには、普段から転倒転落の知識を知っておくことが大切です。
そこで、今回は転倒転落の豆知識をお伝えします。

転倒・転落死は交通事故死よりも多い

厚生労働省が発表している人口動態統計を見ると、転倒などが主な原因で亡くなった人はおよそ1万人。交通事故で亡くなった人の実に2倍近くに上っています。(2017年データ)
転倒などが主な原因で亡くなる人は年々増えていて、ほとんどが65歳以上です。
また、高齢者の4人に1人は歩行中の転倒転落の経験があると言われています。

平成28年、国民生活基礎調査によると、介護が必要になる原因として
1位:認知症
2位:脳血管障害
3位:高齢による衰弱
4位:転倒・骨折
と、転倒は介護が必要になる原因としても高順位になっています。

転びやすい場所、ぬかずけとは!!

【ぬ】・・ぬれている所はすべって転びやすい。
風呂場やフローリング、キッチン、ビニール床はぬれていると滑りやすいのです。
対策:ぬれている床はすぐに拭くことで危険を回避できます。
お風呂場では手すりを使うことをお勧めします。

 

【か】・・階段・段差はつまずいて転びやすい。
階段や玄関などの段差のあるところは、足をひっかけつまずきやすい場所です。
対策:階段や段差の手すりにつかまり、ゆっくり上り下りを行うことが大切です。
階段下や暗いところなどは、明るい照明器具を増やすと注意しやすくなります。
段差予防シートを使って、小さな段差をなくすことでつまづきにくくなります。

 

【づけ】・・片づけていないところは転びやすい

床に物が散らばっていると、つまづいたり滑ったりして危険です。
対策:床や階段につまづきやすいものやマットなどの引っかかりやすいものを置かず、整理整頓を心がけコード類はまとめておきます。
家具は動かないように固定することでとっさに手をかけた時でも
バランスを崩さずにすみます。

その他にも、厚着・重ね着、サンダル、スリッパも気をつけてください。

転倒を防ぐには、食事や運動で筋肉や骨などの機能を維持することに加え、仕事や家事、趣味、地域活動など、ふだんの暮らしの中で頭を動かし、身体を動かし、心を動かすことが大切です。

また、高齢者の転倒の多くは家庭内で起きているため、家族の協力で転倒予防をしていくことも大切です。

10月10日転倒予防の日をきっかけにご自宅の転倒・転落を起こしやすい場所をご家族で見直されてみてはいかがでしょうか。          回復期リハビリ病棟

回復期リハビリ病棟転院をご検討される皆様へ

こんにちは。暑い日が続いていますね。

今回のブログでは、回復期リハビリ病棟へ転院を考えている患者様とそのご家族様へ向けて、入院中の様子が少しでも伝わればと思い、当病棟のご案内と患者様の生活について紹介したいと思います。

 

 

こちらが回復期リハビリ病棟です。

病棟

当病棟では

朝6時に点灯、夜9時に消灯します。

食事の時間は

朝食が7:30頃、

昼食が12:30頃、

夕食が17:30頃の提供となります。

コロナの影響により患者様は、各自お部屋でお食事を召し上がって頂いております。配膳・下膳はスタッフが行っております。

 

朝9時頃、スタッフは各患者様のお部屋に伺い、当日入浴される患者様以外は、身体拭きを行います。

 

こちらが洗面所とトイレです。

洗面トイレ

こちらは談話室です。

食堂

回復期リハビリ病棟の患者様には、事前に週間リハビリ予定表をお渡ししており、スケジュール表にそってリハビリを行っております。リハビリの開始時間に、担当セラピストがお迎えにあがります。

リハ室リハ室中

 

リハビリのない時間は、各自お部屋で過ごしていただきますが、談話室や食堂では、雑誌や新聞をご用意しておりますので各患者様は思い思いに過ごされています。

 

 

以上で、簡単ではございますが、入院患者様の一日の流れをご紹介させていただきました。

 

 

他病院入院中の患者様・ご家族様で、当院回復期リハビリ病棟転院を考えていらっしゃる方は、ご入院されている病院の相談員へご相談ください。

 

詳しくは当院ホームページをご覧ください。

https://www.ach2.jp/

 

次回は、普段病棟で行っている転倒防止にについてと患者様の日常生活動作の評価についてご説明させていただきます。

 

 

栄養科のご紹介

皆さま、こんにちは。先月のブログで、入院中のお食事についてご紹介させていただきました。

今回は、そのお食事を中心的に担当している栄養科のご紹介いたします。


はじめまして、管理栄養士の柏木です。

回復期病棟に入院される患者様の『お食事』と『栄養状態の管理』を担当しています(^ ^)♪

栄養1

今回は、入院から退院までの『栄養・食事管理』の流れにをご紹介します。

入院日には、管理栄養士が患者様のベッドサイドへ伺い、食品アレルギーの有無や嗜好、摂取しやすい食形態などについてお聞きします。

伺った情報や患者様の栄養状態をもとに、医師・言語聴覚士・看護師と食事の内容や栄養量を検討し、患者様おひとりひとりに合った食事をお作りしています。

栄養2 栄養3

毎月の行事食には手作りの折り紙やカードを添えて…

栄養科スタッフが心を込めてお作りしています♪

栄養4 栄養5

ちなみに今月の折り紙は、力作!『ほおずき』でした(*^^*)

ころん、とした形がかわいいです。

栄養6

食事の内容は、食事中にむせ込みや食べづらさがないか、量は足りているか、患者様の希望に沿っているかを確認し、体重や血液検査値などの経過を追いながら適宜見直しを行います。

効果的なリハビリを行うために必要な栄養をしっかりと摂取してもらえるように配慮しています。

糖尿病、腎臓病、高血圧症、脂質異常症などの疾患により食事療法が必要な患者様や、低栄養状態、嚥下機能の低下している患者様には、お家に帰られてからのお食事ついてアドバイスをさせていただいています。

食事は1日3食、365日ずっとずっと続くものです。食事療法が必要な方も、食べることを楽しみながら無理なく取り組みたいですね♪

病院食の献立のご紹介や、ご家庭での工夫のポイントも交えてご案内しています。患者様・ご家族様のご都合に合わせていつでもお受けできますので、ぜひお気軽にお声掛けください!

いよいよ夏も本番となり、熱中症や脱水症のリスクが高まる季節です。

こまめな水分摂取を心がけましょう!


ご入院中の患者様には、看護スタッフやリハビリスタッフ以外にも、たくさんの職種が関わらせていただいております。これからも、患者様を支える様々なスタッフをご紹介していきたいと思います!

回復期リハビリテーション病棟